臭いけど身体にいい

納豆に含まれるナットウキナーゼの効能とは

納豆というのは、近年、非常に体の健康に良い食品として認知されています。その影響で、最近は海外でも納豆の健康効果に対して注目が集まっています。納豆が健康に良いと言われている一因は、納豆固有の酵素「ナットウキナーゼ」によるものです。このナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる作用があります。血液がドロドロに固まると、血管内で血栓ができて動脈硬化を引き起こします。その後、心筋梗塞、脳梗塞など重篤な症状を引き起こすと考えられます。市販の納豆1パックを食べれば、一日に必要なナットウキナーゼを補充できるといわれています。それで、血栓ができるのを防いでくれます。なので、お手軽に出来る健康方法といえます。

健康を維持するための食べ方について

納豆には、血液をサラサラにしてくれる「ナットウキナーゼ」が多く含まれています。このナットウキナーゼの効果を十分に発揮させるには、食べ方に注意が必要です。まず、納豆の摂取量の一日の目安は、50g程度となります。およそ納豆1パック程度で、血液サラサラ効果が発揮されます。そして、ナットウキナーゼの血栓融解効果は、食べてから数時間程度継続するといわれています。なので、効果を得るためには、納豆を毎日食べた方が良いです。 また、特に夜寝ている時に、人間は水分が不足しやすい状態になります。水分が不足すると、血液がドロドロになる確率が上がります。なので、できれば納豆は夜寝る前に食べると、心筋梗塞などの病気を効率よく防ぐことができます。