外壁塗装の業者へ工事を頼むときに見ておくべきこと

専門業者を選ぶときは妥協してはいけない

外壁塗装をしてくれる専門業者は数多く存在しています。そのため、優良な専門業者もいれば、悪徳な専門業者もいます。優良な専門業者であるかどうか見極めるためには、たくさんの情報を集めないといけません。色々な知識をつけることで、初めて優良な業者であるか見極めることができるのです。

外壁塗装業者の選び方のポイント

過去にどのようなトラブルがあったのか把握

過去に専門業者へ依頼することで起きたトラブルは様々な種類があります。インターネットで検索をすれば、過去の事例を把握することができますので、調べてみましょう。過去の事例を把握することで、依頼したいと思っている業者が、過去の事例のようなことを起こさないかチェックすることができます。

中間マージンがあることを頭に入れよう

一口に外壁塗装業者と言っても、様々なタイプの業者が存在します。そのため、中間マージンが発生するところもあります。中間マージンが発生すると、費用が高くなるのですが、必ずしも中間マージンが発生するところが、悪徳な業者であるとは限りません。なかには、下請けの業者の作業の品質が良いところもあります。もし、中間マージンがあるところへ依頼する際は、下請け業者の品質をチェックしてください。

営業スタッフの対応をチェック

優良な業者は接客対応の教育にも力を入れています。優良な業者であれば、親身になって依頼者の相談にのってくれるでしょう。また、どんな質問をしても、嫌な顔一つせずに答えてくれるはずです。強引に契約を迫ったりせずに、会話してくれるところは信頼ができます。

ホームページもチェックしよう

多くの業者がホームページを開設していますので、過去の実績や依頼者の感想など、隅々までチェックしてください。

複数の業者を比較しよう

良い業者に巡り合うためには、色んな業者へ見積もりを出すのがポイントです。そうすれば、より優良な業者を見つけることができるでしょう。

外壁塗装の業者へ工事を頼むときに見ておくべきこと

家

ケレンをしてもらえるか見ておくこと

外壁塗装業者へ依頼すると、見積もりを出してもらえますが、その内容に「ケレン」という工程が入っているか確認しましょう。「ケレン」とは、古い塗装を剥がすなどの工程です。これをしないと、外壁塗装しても剥がれてしまう可能性があります。ケレンの工程が入っているか必ず確認してください。

記載している面積をチェック

業者によっては、実際に必要な外壁塗装の面積より大きい面積で算出するところがあります。そのようなところは、まともに作業をしてくれるのか信頼ができません。インターネットで、外壁塗装の面積の計算式が公開していますので、予め自分でそれを調べおきましょう。

塗装する箇所に漏れがないか

見積書に関するトラブルで非常に多くあるケースで、見積書に記載していない工程を追加して、後で追加分を請求したという事例があります。それを防ぐためにも、後で追加の工程がないか担当者へ確認しましょう。

外壁塗装工事の費用を安く済ませるためのコツBEST3

no.1

使用される塗料のランクを確認

一番安くできるポイントです。塗料にはランクがあり、安いものはランクが低いです。しかしながら、安ければいいというわけではありません。安いとその分剥がれやすいのです。高いランクを使用していれば、結果的に頻繁に塗装しなくて済むので、安く抑えることができるのです。

no.2

3度塗りをしてもらえるか確認

2度塗りだと、すぐに剥がれてしまいます。3度塗りであれば剥がれにくいので、長い目で見れば安くて済みます。

no.3

工事の相場を知ろう

どのような工程にいくらの費用がかかるのか、相場を知ることができれば、実際に見積もりを出した時に、極端に高くないのか判断することができます。